Cork

No MG

小説・ゲーム・バンド、その他なんでも面白いもの、紹介していきます!

音楽×高校って最高だ-この音とまれ!

初めての漫画の紹介です。少女漫画タッチですが、少年誌連載作品です。 著者:アミュー 出版:集英社 掲載:ジャンプSQ 皆様は琴ってご存知ですか。琴です琴。お琴。 こーいうの↓ 本物を見たことはなくても聞いたことくらいはありますでしょうか。 本作は、…

多重人格の最も怖い使い方-十三番目の人格ISOLA

著者:貴志祐介 出版:角川ホラー文庫 頁数:401頁 相変わらずこの著者は知識の幅が広すぎる。研究しているのだとしたらどこまで深く研究しているのでしょうか。人の心理を煽る方法を熟知しすぎている。 こんな人にオススメ ・心理学や精神病などに興味があ…

交錯し続ける人生-ラッシュライフ

著者:伊坂幸太郎 出版:新潮文庫 頁数:469頁 遂に読みましたラッシュライフ。読まず嫌いをしていた伊坂幸太郎。 同僚にゴリもゴリ押しされ手を出しました。 読了の感想としてはなんとうまく作りこめられている作品か、、、!ってとこでした。 ふんだんに盛…

青臭い主人公モドキ-密閉教室

著者:法月綸太郎 出版:講談社 頁数:362頁 こんな人にオススメ ・サクサクと進む軽快なミステリーが読みたい方 ・高校生のころを思い出したい方 ・高校生のころ自分を世界の主人公だと思っていた方 あらすじ 舞台は湖山北高校。早朝登校した女子生徒梶川笙…

溜めに溜めて最後の2行-イニシエーション・ラブ

著者:乾くるみ 出版:文春文庫 頁数:272頁 「最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する」と注意書きがあり、「読み終わった後は必ずもう一度読み返したくなる」 この帯、見たことある人多いんじゃないでしょうか!? …

促された純愛-恋する寄生虫

著者:三秋 縋 出版:KADOKAWAメディアワークス文庫 頁数:322頁 エログロどんでん返し系じゃない本も読みますよ。 というアピールをするための記事です。 まずはあらすじから。 あらすじ 「何から何までまともではなくて、しかし、紛れもなくそれは恋だった…

サイコの思想とは-殺戮にいたる病

著者:安孫子武丸 出版:講談社 頁数:324頁 名作中の名作サイコ・ホラー小説。 あらすじ 「永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒…

一言で戦争は起こせる-虐殺器官

著者:伊藤計劃 出版:早川書房 頁数:432頁 夭折の作家、伊藤計劃のデビュー作『虐殺器官』。2007年に出版されました。 「ベストSF2007」国内篇第1位・「ゼロ年代SFベスト」国内篇第1位で、2010年にハヤカワ文庫から文庫版が刊行されました。 フジテレビ「…

もう一度青春をやり直したい-放課後に死者は戻る

著者:秋吉理香子 出版:双葉社 頁数:256頁 高校生の時に読んでおきたかった本の紹介を。 あらすじ 「病院で目が覚めると、冴えないオタクだった僕の見た目は、イケメンの姿に変わっていた。そうだ、教室の机に入れられた手紙で呼び出され、僕は誰かに崖か…

追ってくる自身-バイロケーション

著者:法条遥 出版:角川ホラー文庫 頁数:421頁 手に汗握るホラー小説はいかがでしょうか。 あらすじ 主人公は画家志望の女性。 ある日、新婚の忍はスーパーマーケットで偽札使用を疑われ、警察に通報されてしまう。しかしやってきた警察官・加納に連れて行…

美麗な音楽-Olegano

無名の天才、Oleganoの紹介です。 elegantdisc所属のソロアーティスト、「Olegano」 まずは、聴いてみてください。 www.youtube.com いかがでしょうか。この幻想的な楽曲。浮遊感のある音色を重ねた奥深いエレクトロニカ。 北欧の草原にいるようなそんな気分…

ドストレートどんでん返し!-屋上のテロリスト

著者:知念実希望人 出版:光文社 頁数:366頁 エンターテインメント。 そう呼ぶにふさわしい小説です。 完全にジャケ買いをしましたこの本。 そして読了後見直して、思わず「おぉ、、、!」って声が漏れました。 やはり装丁まで楽しめるのも本の楽しいとこ…

文明の先にあるもの-Horizon Zero Dawn

皆様はオープンワールドのゲームはやりますでしょうか。 今回はPS4のゲームの紹介です。 大災厄によって人類文明が闇に包まれてから1,000年後、人類に代わって機械の獣たちが大地を支配する世界が舞台となる、『Horizon Zero Dawn』(ホライゾン ゼロ ドーン)…

本格ミステリのはしり-十角館の殺人

著者:綾辻行人 出版:講談社 頁数:512頁 1987年に出版された綾辻行人のデビュー作です。 上記画像は2007年に出版された新装改訂版のものです。 「館シリーズ」第一作として注目を集め発行部数は100万部を突破しています。 日本ミステリー界に大きな影響を…

かわいい面したヤツ-ジャックパーセル

初の試みです。スニーカーの紹介です。 いつも本と音楽とゲームの話をしていますが、私根っからのスニーカーフリークでして。 NIKE、adidas、CONVERSE、VANS等々、何足も所有しております。 今日はその中から一際かわいいジャックパーセルの紹介をします。 …

愛憎とは-ラバーソウル

著者:井上夢人 出版:講談社 頁数:678頁 今まで1,000は優に超える量の書籍を読んできましたが、最も心に残った小説がこの『ラバーソウル』です。 重い・暗い・どんでん返し。 三拍子そろってます。ネタバレにならない程度に紹介していきます。 あらすじは…

超自然ファンタジー-華竜の宮

著者:上田早夕里 出版:早川書房 頁数:398ページ(上)458(下) 海面が上昇し、陸地が極めて少なくなった25世紀の地球が舞台となっているファンタジー長編です。 あらすじはこちら。 「ホットプルームによる海底隆起で多くの陸地が水没した25世紀。人類は未曾…

爽やかマイノリティ-1/2の騎士

初野晴、おすすめの作家です。 この『1/2の騎士』、700頁弱と、割と分厚いので二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるかと思います。 ですが、一度読み進めればあっという間に引き込まれること間違いないです。 ちなみに著者の初野晴の代表作はマンガ化なんか…

逆転劇と言うには生ぬるい-その女アレックス(原題alex)

徐々に趣味嗜好が明らかになっている気がしています。 今回も暗い本の紹介です。 文春文庫から、2014年9月に出版された『その女アレックス(原題alex)』、著者はピエール・ルメートルで翻訳は橘明美です。 あらすじは下記の通り。 「貴方の予想はすべて裏切ら…

技術に裏打ちされた圧倒的世界観-Hello Sleepwalkers

今日は、バンドの紹介をします。 「Hello Sleepwalkers」 ご存知でしょうか。 あまり知らない人も多いんじゃないかと思います。 アニメ「ノラガミ」でタイアップされたことがあるので、聞いたことあるくらいの方はいるかもしれません。 さわやかな声の男声。…

才覚たちの妙-黒猫の三角

以前書いた、森博嗣の『すべてがFになる』の別シリーズ1作目、『黒猫の三角』の紹介をしたいと思います。 Vシリーズといわれる連作ものになっており、S&Mシリーズとの相関もありますが、そこを書いてしまうとネタバレになってしまうので、ご興味ある方は読ん…

理不尽の果てに-イノセント・デイズ

2017年3月1日に新潮社より出版されました、「イノセント・デイズ」 著者は早見 和真です。 ・早見 和真について デビュー作は『ひゃくはち』で、自らの経験を基に書き上げた名門高校野球部の補欠部員を主人公とした物語。 今回ブログで取り上げるのは、デビ…

交通経済学

たまには真面目なお堅い本の紹介でもしようかなと思い、実家の本棚を見に行った際にこんな本を発見しました。 『交通経済学』山内弘隆・竹内健蔵著 学生の時、経済学を専攻していたこともあり地域経済学観点で何かを学ぼうと思った際に師事していた教授から…

軽量級重工ファンタジー-ブルータワー

ご無沙汰しております。 今日は石田衣良の『ブルータワー』の紹介をします。 ・あらすじ 悪性の脳腫瘍で死を宣告された男の意識が、突然200年後にタイムスリップする。そこは黄魔という死亡率87%のウイルスが猛威を振るう、外に出ることは死を意味する世界。…

緻密な世界設計の折-新世界より

『新世界より』 2008年の日本SF大賞を受賞した作品です。 本作のあらすじは以下の通り。 「ここは病的に美しい日本(ユートピア) 子供たちは思考の自由を奪われ、家畜の様に管理されていた。 手を触れず、意のままにものを動かせる夢のような力。その力があま…

救いがないということはどういうことか-NieR RepliCant

こんにちは。 あおひとです。 皆様、Nier RepliCantというゲームをご存知でしょうか。 2010年にSQUQRE ENIXから発売されたRPGで、そのストーリーは世界設定が水面下でじわじわと話題を呼び、人気を獲得。 今では知る人ぞ知る名作としてその地位を確固たるも…

青春って泥臭い-青空のルーレット

今回は小説の紹介です。 今回は短めにサクっといきます。 『青空のルーレット』 著者:辻内智貴 出版:光文社 皆さんご存知でしょうか。 2007年には塩谷瞬主演で映画化されました。 その原作は、単行本は2001年に、文庫版は光文社文庫から2004年に出版されま…

人間の泥臭さと詩的表現-黒木渚

こんにちは。 あおひとです。森博嗣に続き熱量を込めて書いていきます。 今回はシンガーソングライターである、黒木渚の紹介をしたいと思います。 美しいですね。 黒木渚、喉の療養のため、只今休業中ですが(平成28年4月時点)名前を聞いたことのある人も少…

思考することの深さ-すべてがFになる

記念すべき、1記事目は敬愛する森博嗣の処女作について書きたいと思います。 すべてがFになる 森博嗣の記念すべき一作目であり、1996年の第一回メフィスト賞を受賞した作品です。 私が読書というものにどっぷりつかり始めるキッカケはこの一冊でした。 小説…

人の想像力の使い方

当ブログ”No MG”へお越しいただき、誠にありがとうございます。このブログを書いている「あおひと」と申します。 検索からか、SNSからか、何かしらのリンクから当ブログへ流れ着き、興味を持っていただいた方のために簡単な“No MG”の説明をしておきたいと思…